2024 年 4月 23日 (火)
ホーム社会済州島の漏水率40%超…年間喪失額900億ウォン

済州島の漏水率40%超…年間喪失額900億ウォン

水道工事の看板©news1

韓国済州島の上水道漏水率は2020年に41.3%で、1日に漏水量だけで23万5000立方メートルに達することが、環境省の上水道統計でわかった。済州地域の上水道原価は1立方メートル当たり1066ウォンであるため、1日損失額だけで2億3500万ウォン、年間914億ウォンに達すると推算されている。

23万5000立方メートルは、ミネラルウォーター1億1750万本分に相当し、この分量が毎日、地中に漏れている計算になる。

住民1人当りの水使用量が321リットル(2020年現在)であることを勘案すれば、この漏水量により住民73万4000人余りの需要を満たすことができる。2022年6月、済州の住民登録人口は69万8698人だ。

漏水による損失額も莫大だ。済州道上下水道本部が公開した公示によると、済州地域の上水道生産原価は1066ウォン立方メートル(2020年)だ。結局、上水道の漏水による財政損失額は1日で2億5051万ウォン、年間914億3615万ウォンという計算になる。

現在、済州道の老朽上水道管は全体上水道管(4833キロメートル)の27%にあたる1316キロメートルだ。これを交替するのにかかる費用だけで5630億ウォンと推算される。政府の国費支援なしには不可能とみられる。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular