2024 年 5月 24日 (金)
ホーム経済IT/メタバース済州名物自動運転「耽羅(タムラ)自動運転車」に乗ってみようか…「誰でも無料利用」

済州名物自動運転「耽羅(タムラ)自動運転車」に乗ってみようか…「誰でも無料利用」

ライドフラックス耽羅自動運転車(写真提供=ライドフラックス)©MONEYTODAY

自動運転フルスタックソフトウェアスタートアップ「ライドフラックス(RideFlux)」が、自動運転技術の商用化のために済州(チェジュ)で誰でも利用できる自動運転公開サービスを開始する。

ライドフラックスはこのほど、済州海岸道路および中文(チュンムン)観光団地一帯で自動運転公開サービスである「耽羅自動運転車」サービスを開始すると明らかにした。

耽羅自動運転車サービスは国土交通省の自動運転モビリティサービスモデル事業の一環として、済州道民と観光客など一般国民を対象にした無償公開サービスだ。ライドフラックスの自動運転公開サービスは▽済州空港~ソカーステーション自動運転シャトルサービス▽済州空港~中文観光団地自動運転シャトルサービス▽西帰浦(ソグィッポ)革新都市区域型自動運転サービス――に続き4番目だ。

耽羅自動車サービスは、地域住民と観光客がよく訪れる済州空港近隣の龍潭(ヨンダム)・梨湖(イホ)海岸道路(海岸道路循環型サービス)と中文観光団地(中文区域型ラストマイルサービス)で進められる。公共交通機関や従来の自動運転サービスと連携させ、車を自分で運転しなくても、希望する目的地まで移動できるようにした。

龍潭~梨湖海岸道路では自動運転シャトルが▽済州空港▽梨湖テウビーチ▽道頭峰(トドゥボン)▽虹海岸道路▽龍頭岩(ヨンドゥアム)など計16kmのコースを時計回りに走る。時刻表に合わせて運行する一般シャトルバスとは異なり、乗客が予約した時間に合わせて運行し、済州空港出発階乗り場および海岸道路バス停で乗れる。

中文観光団地ではバス停から「ラストマイル」(最大2km)を自動運転で移動するロボタクシーを運行する。中文観光団地サービス区域内のバス停から2キロ以内に出発地を自由に設定し、自動運転車を呼び出すことができる。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular