2024 年 4月 21日 (日)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み植物ベースの革素材…「エコ転換」に拍車をかけるファッション業界

植物ベースの革素材…「エコ転換」に拍車をかけるファッション業界

スノーピークアパレル提供(c)news1

毎年、世界で生産される服は1000億着を超える。ファッション業界の炭素排出量は、世界の炭素排出量のうち10%程度だ。衣類産業は汚染物質の排出が最も多い産業第2位に挙げられる。

これに対し、ファッション業界は植物性の革など環境にやさしい素材と包装材を導入するなど持続可能なファッションを追求する動きを見せている。

MCMは22日、ミラノのパラッツォ・セルベローニで伝統的な職人精神と未来志向的な革新が融合したAW24コレクションを発表した。

このうち、MIRUMカプセルコレクションは、環境にやさしい植物ベースの革の代替品を紹介し、注目を集めた。

このカプセルコレクションは、植物をベースにプラスチックフリー革であるミラム素材で作られた。「環境にやさしいラグジュアリー」に対するMCMの精神が込められている。ローレルデニムジャカード、モノグラムナイロン、メタリックレザー、リファインドグレインレザーなど新たな素材に対する探求が注目された。

スノーピークアパレルは最近、エコリサイクル素材を使用し、持続可能性と環境の価値を込めた「グリーンピークシリーズカバン」を発売した。

グリーンピークシリーズは、ナイロンの製造工程中に捨てられる原料をリサイクルして製造した環境にやさしいナイロン素材「ACEPORA-ECO」で作ったカバンだ。

リサイクルに関する国際的な繊維認証基準である国際再生標準認証GRSを獲得した。すべての工程を専門機関の透明で厳格な過程を通じて幅広く検証し、安全な製品であることを保証する。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular