2024 年 5月 27日 (月)
ホーム政治・社会・経済梨泰院事故で名指しされた“ウサギカチューシャ”…「私じゃない」差し出した証拠

梨泰院事故で名指しされた“ウサギカチューシャ”…「私じゃない」差し出した証拠

梨泰院事故の犯人と目されたウサギのカチューシャ男性(写真=SNS)©MONEYTODAY

ソウル・梨泰院(イテウォン)の雑踏事故を引き起こしたのではないかと名指しされた「ウサギ・カチューシャ」男性がSNSに投稿し、事故当時は梨泰院にいなかったと釈明したうえ「魔女狩りに遭っている」と訴えた。

男性は「ウサギカチューシャをしてその日、梨泰院に行ったのは事実だが、事故当時、私と友人は梨泰院を離れていた」と記したうえ、地下鉄の利用明細を投稿した。

それによると、男性は事故の起きた29日には午後9時55分ごろ、梨泰院駅から乗車して同10時17分には約8キロ離れた合井駅に到着した。事故発生時刻が午後10時15分前後である点を考え合わせれば、男性は事故当時、現場にいなかったことになる。

自身を批判する非難するネットユーザーに対して、男性は「魔女狩りはやめてほしい」と求めている。

警察は事故原因を究明するため、現場一帯の防犯カメラの映像を確保し、分析を進めている。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular