2024 年 2月 23日 (金)
ホーム政治李在明氏「非正規雇用により多くの手当を」

李在明氏「非正規雇用により多くの手当を」

9日午後、ソウル市麻浦(マポ)区で市民に手を振るイ・ジェミョン(李在明)氏©NEWSIS

韓国与党「共に民主党」の大統領候補イ・ジェミョン(李在明)氏が非正規職の不安定・低賃金という状況を解消するため、京畿道(キョンギド)知事時代に韓国で初めて導入した「非正規職公正手当」の民間への拡大を模索すると公約し、注目が集まっている。

イ氏は9日、Facebook上に「明確幸(李在明の確実な幸福)8番目シリーズ」としてこの政策を提示。「すぐに労働市場の差別構造が解消されるわけではない」としながらも「蝶の小さな羽ばたきが台風になるように、小さな政策変化が『非正規職=不安定・低賃金』という従来の慣行を変化させ、より大きな変化に向けた想像力を呼び起こす」と強調した。

イ氏は「正規職が高い安定性・高賃金」「非正規職が低い安定性・低賃金」という構図は短期間では解消されないものの、非正規職公正手当により後者の慣行は変えられるという立場だ。今回の大統領選でキャスティングボートを握る2030世代(20~30代)が「プロセスの公正性」に敏感なだけに、労働政策における差別化を急いでいるようだ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular