2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治李在明氏「勝利の橋頭堡」釜山、蔚山、慶尚南道攻略へ

李在明氏「勝利の橋頭堡」釜山、蔚山、慶尚南道攻略へ

©NEWSIS

韓国大統領選の与党「共に民主党」候補、イ・ジェミョン(李在明)氏が5~6日、釜山(プサン)・蔚山(ウルサン)・慶尚南道(キョンサンナムド)の攻略に打って出る。PK(釜山・慶州)を大統領選勝利の“橋頭堡”にするというイ候補の意志が反映された動きだ。

民主党選挙対策委員会によると、イ候補は5日午前、蔚山(ウルサン)で地域公約を発表する。さらに、慶尚南道(キョンサンナムド)梁山(ヤンサン)に移動し、慶尚南道の公約を発表し、釜山(プサン)の西面(ソミョン)で市民とのコミュニケーションを図る。

翌日には釜山商工会議所を訪れ、釜山公約を発表する。その後、慶尚南道(キョンサンナムド)金海(キメ)のポンハ村に移動し、ノ・ムヒョン(盧武鉉)元大統領の墓地を参拝し、南部圏のメガ公約を発表する予定だ。

イ候補は新年の第一歩として釜山地域への訪問を選ぶなど、釜山、蔚山、慶尚南道を大統領選の勝利に向けた橋頭堡にしようと力を入れてきた。

ソン・ヨンギル(宋永吉)党代表もイ候補の要請を受け、旧正月の連休直前まで2週間ほど、釜山、蔚山、慶尚南道を巡回し、援護射撃をした。ソン代表は「大邱(テグ)・慶北(キョンブク)40%、PK(釜山・蔚山・慶南)50%の得票率で政権継続」という「嶺南(ヨンナム)圏4050プラン」を出したりもした。

釜山、蔚山、慶尚南道は国政壟断とパク・クネ(朴槿恵)前大統領弾劾後、最大野党「国民の力」ではなく、共に民主党に手を挙げ、ムン・ジェイン(文在寅)政権誕生の一翼を担った。しかし、チョ・グク(曺国)元法相の問題や不動産価格の暴騰、オ・ゴドン(呉巨敦)前釜山市長のセクハラなどを機に、民主党の集票力は落ちている。

ムン氏は第19代大統領選挙で釜山(38.71%)と蔚山(38.14%)で1位、慶尚南道(36.73%)で0.51ポイントの差で2位となり、大統領の座に就いた。共に民主党は第7回地方選挙でも、釜山(55.23%)、蔚山(52.88%)、慶尚南道(52.81%)の市と道の知事職を席巻した。

だが、第21代総選挙での比例代表選挙の得票率を見ると、共に民主党の衛星政党「共に市民党」は釜山(28.42%)と蔚山(26.76%)、慶尚南道(25.59%)にとどまり、全国での得票率33.35%を下回る結果となった。特に、釜山市長の再・補欠選挙では得票率34.4%で、市長職を失った。

世論調査では、民主党の得票計画を下回っている。韓国社会世論研究所(KSOI)がヘラルド経済の依頼で今月2~3日、全国の満18歳以上の男女1000人を対象に次期大統領選候補支持率を調査した結果、イ候補は40.0%で、「国民の力」大統領候補ユン・ソンヨル(尹錫悦)氏(45.7%)にリードされていた。釜山、蔚山、慶尚南道(回答者142人)では、イ候補は35.1%にとどまり、ユン候補(41.6%)にリードされた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular