2024 年 4月 14日 (日)
ホーム政治李俊錫氏「党員資格停止6カ月」…史上初の与党代表への重い懲戒

李俊錫氏「党員資格停止6カ月」…史上初の与党代表への重い懲戒

韓国の与党「国民の力」のイ・ジュンソク(李俊錫)代表©news1

韓国の与党「国民の力」の中央倫理委員会は8日、「性接待」を受け、その証拠隠滅を教唆した疑惑を受けているイ・ジュンソク(李俊錫)代表に「党員資格停止6カ月」という重い懲戒決定を下した。イ代表は代表職の維持が不透明になり、国民の力は「視界ゼロ」の状態に陥ることになった。

倫理委は7日午後7時から翌日午前2時45分まで約8時間にわたる深夜マラソン会議の末、懲戒処分を明らかにした。イ代表の最側近であるキム・チョルグン党代表政務室長に対しては「党員資格停止2年」という厳しい処分を下した。

イ・ヤンヒ倫理委員長©news1

イ・ヤンヒ倫理委員長は「党代表以下、国民の力の党員は倫理規則4条1項により、党員としての礼儀を守り、地位に合うように行動すべきだ」「党の名誉を失墜させたり、国民感情とかけ離れた行動をしてはならない」と指摘した。

これは倫理委が「イ・ジュンソク代表がキム・チョルグン室長を通して証拠隠滅に関与した」という疑惑を全面的に認めたものと解釈される。イ・ヤンヒ委員長はイ・ジュンソク代表の性接待疑惑に対しては「懲戒審議対象ではないので判断しなかった」と明らかにした。

イ・ジュンソク代表は7日、倫理委に出席した後、ソウル市江西区(カンソグ)のある飲食店で、倫理委の最終決定を聞いたという。これまで性接待および証拠隠滅教唆疑惑を否認してきたことから、仮処分申請や世論戦などを通じて不服の意思を表わす可能性が高い。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular