2024 年 4月 14日 (日)
ホーム経済最も財産を減らした企業トップは?

最も財産を減らした企業トップは?

©MONEYTODAY

韓国の株式市場が下落傾向を続けるなか、国内主要グループ総帥の中でカカオ創業者、キム・ボムス氏の株式評価額が今年上半期だけで約4兆7691億ウォン減り、最も大幅に下落している。

企業分析専門韓国CXO研究所は「2022年上半期主要グループ総帥の株式評価額変動調査」分析結果を明らかにした。

キム・ボムス氏が保有している株式価値は6月30日現在で7兆4578億ウォン。これは年初対比39%、4兆7691億ウォンも減った数字だ。

続く大幅減はサムスン電子のイ・ジェヨン副会長。6月末年初対比2兆1530億ウォン減った12兆335億ウォン。減少にもかかわらず、イ副会長は唯一“10兆クラブ”に残った。

ネットマーブルのパン・ジュンヒョク議長も上半期に1兆2148億ウォン減、46.0%の下落率だった。セルトリオンのソ・ジョンジン名誉会長(-1兆1069億ウォン)、ネイバーグローバル投資責任者のイ・ヘジン氏(-8337億ウォン)らが続いた。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular