2024 年 7月 13日 (土)
ホームエンターテインメント映画界サマーショック…「コロナ後遺症これからが始まり」 (上)

映画界サマーショック…「コロナ後遺症これからが始まり」 (上)

©NEWSIS

5月、映画「犯罪都市2」が「パラサイト 半地下の家族」以後、命脈が切れた韓国映画1000万観客時代をちょうど3年ぶりに再び開いた。この時まではコロナ事態が終わって韓国映画ルネサンスが始まる雰囲気だった。これと共にトム・クルーズの「トップガン マーヴェリック」がシネマの意味を全世界の観客に説くことに成功すると、映画界は華麗な復活だけを待てば良いように見えた。

この雰囲気に乗って大作韓国映画4本が劇場街最大のオンシーズンである夏休みシーズンの封切りを相次いで確定した。国内配給会社関係者は「どんな映画になるかは分からないが、その4編のうち1編程度は1000万観客を達成できるというのが業界の一般的な期待だった」と話した。しかし、これらの映画が思い浮かべた1000万観客の夢が壊れるまでには1ヵ月もかからなかった。

©NEWSIS

◇「ビッグ4」の時代

実際にコロナ事態前までは夏になるとサイズが大きい韓国映画3~4編が公開され、そのうち1編程度は1000万人を越えるのが普通のことだった。コロナ事態直前の3年間、夏の繁忙期映画市場を見れば、2017年には「タクシー運転手」(1218万人)が、その翌年には「神と共に 第2章 因と縁」(1227万人)がいた。コロナ事態直前の2019年には1000万映画がなかったが、「EXIT イグジット」(942万人)が1000万に近い興行記録を立てた。

1000万映画が1本出てくると、その後には「中大ヒット級」映画が1~2本後に続いた。2017年には「軍艦島」(659万人)と「青年警察」(565万人)があり、2018年には「工作 黒金星と呼ばれた男」(497万人)と「The Witch 魔女」(318万人)が後に続いた。2019年には「鳳梧洞(ポンオドン)戦闘」(478万人)があった。韓国映画の「ビッグ4」が多ければ2500万人を分け合うか、少なくとも2000万人を呼び集めるのが夏のピーク期だった。映画界関係者は「夏の最盛期に封切りできる映画には少なくとも損益分岐点を満たすことはできるという楽観があった」と話した。

◇「スモール4」の時代

しかし、ソーシャルディスタンスが完全に終了した時点で初めて迎えた劇場街の夏のピーク期は、コロナ事態前と様相が完全に変わっていた。1000万映画どころか損益分岐点を達成することさえ容易ではない状況になったのだ。

最初に封切りした「宇宙+人 1部」(損益分岐点700万人)は152万人を呼び集めるのに止まった。「非常宣言」(損益分岐点500万人)は200万人を少し超えるほどの興行を期待することは難しい。「ハント」は1週間で200万人を越えたが損益分岐点になる420万人を満たすことが侮れないように見える。「閑山:龍の出現」(損益分岐点600万人)は600万人を超え700万観客に挑戦しているが、製作費があまりにも大きかったためにいわゆる大ヒットしたとは見難い。

この結果がさらに衝撃的なのは、この作品を作ったのがチェ・ドンフン、キム・ハンミン、ハン・ジェリムら韓国の最高興行監督という点だ。

また、これらの作品にソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イ・ジョンジェ、チョン・ウソン、キム・テリ、リュ・ジュンヨル、パク・ヘイル、キム・ナムギル、キム・ウビンら韓国映画スーパースターが総出動した。

16日現在、これら4本の観客数の合計は約1200万人だ。2018年夏の最高興行作である「神と共に 第2章 因と縁」(1227万人)や2017年夏の最高興行作である「タクシー運転手」(1218万人)の観客数と似ている。今後観客がさらに入っても、4本合計1500万人程度がマジノ線(最後の防衛ライン)と予想される。国内マルチプレックスの関係者は「ビッグ4ではなくスモール4としなければならない状況」と話した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular