2024 年 2月 23日 (金)
ホームエンターテインメント映画『トロット(大衆歌謡)は人生だ』――私たちの夢、乗せました(下)

映画『トロット(大衆歌謡)は人生だ』――私たちの夢、乗せました(下)

  現場ルポ  

キム・ギョンジンとキム・ドンチャン©NEWSIS

ギョンジンとドンチャンの縁は10年近くになる。

ギョンジンが2012~13年、シチュエーションコメディー『無計画ファミリー』に出演した時、ドンチャンは脇役俳優で、演技をするうちに親しくなった。ギョンジンは、自分と同じ大田(テジョン)出身のドンチャンをかわいがり、ドンチャンも同郷の先輩であるギョンジンを慕っていた。

トゥーケイ監督と知り合ったのは、その2~3年後だ。当時、監督はKBS第1テレビの番組『アイデア大韓民国 私は農夫だ』の演出を担当していた。司会者の1人がコメディアンのチ・サンリョルだった。チ・サンリョルが『チョンパーティー』という番組にギョンジンを呼んだことでトゥーケイ監督との縁がつながった。

「私が今運営している会社の名前は『ドリームステーション』です。ギョンジン、ドンチャンの2人が夢を叶えるために努力する姿を見て、それに投資したくなりました。そして映画を作ることにしたのです。イム・ヨンウンも最初は今のようなスターではなかったじゃないですか」(トゥーケイ監督)

『トロットは人生だ』は、ギョンジンとドンチャンだけの話ではない。映画監督として第一歩を踏み出したばかりのトゥーケイ監督のストーリーでもある。この映画の制作費1億ウォンは、トゥーケイ監督が自費で賄った。スケールの小さい映画だったため、投資を受けるのも大変だった。トゥーケイ監督もまた、自分の夢に果敢に賭けたのだった。

「兄さん(トゥーケイ監督)は本当にすごいです。1億というのは、決して少ない額ではないじゃないですか。いい外車を買えるお金です。それを映画作りに使ったんですよ。誰にでもできる決断ではないと思います」(ギョンジン)

こうして『トロットは人生だ』プロジェクトが始まり、オーディションを通じてキム・ソルビが合流した。

ソルビはこの作品で、アイドル練習生出身の「ジウォン」の妹「ジウン」を演じる。ジウンは練習生の姉のために、しばらく自分の夢から離れ、生活費を稼ぐという人物。「短いウェブドラマに出演したことはありますが、長編映画は今回が初めてです。俳優生活を始めたばかりなので、夢をテーマにしているこの映画に強く共感しました」(ソルビ)

インタビューの最後に、4人に目標を聞いた。

トゥーケイ監督「『トロットは人生だ』の続編を作ってみたい」
ギョンジン「辞めようとしていたコメディアン生活を続けていく」
ドンチャン「ソロアルバムをリリースし、俳優活動も増やす」
ソルビ「演技のほかにもさまざまな分野に挑戦する」

この映画は「キョンジン」「ドンチャン」「ジウォン」が1つのチームとしてデビューして幕を閉じる。ギョンジンはこのエンディングを次のように解釈してみせた。

「夢のために何かを始めた、ということが重要なのでしょう。人生というのは、一生懸命準備して夢に向かって踏み出せば、チャンスに出会えるものだと思います」

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular