2024 年 6月 16日 (日)
ホーム経済新型コロナ時代の放送産業売上21兆ウォン↑

新型コロナ時代の放送産業売上21兆ウォン↑

©NEWSIS

韓国で2020年、放送映像産業の売上が21兆ウォンを超えたことがわかった。新型コロナウイルス感染症で、余暇に対する欲求が増え、テレビ視聴時間が増えた影響だ。ただ、プラットホーム別には悲喜こもごもだった。地上波放送局の成長が停滞したが、インターネットテレビ(IPTV)は成長傾向を見せた。

文化体育観光省と韓国コンテンツ振興院が最近公開した「2021放送映像産業白書」によると、2020年の韓国の放送映像産業売上高は21兆9647億ウォンだった。 これは前年(20兆8430億ウォン)より5.4%成長した数値で、インターネット映像の提供業が放送映像産業で高い成長率を記録したことが影響した。

2020年のインターネット映像提供業者の放送事業総売上高は前年比9.3%成長した4兆8967億ウォンで、放送事業全体の売上の22.3%を占めた。 インターネット映像提供業は、売上規模が減少する地上波放送や有線放送市場とは違って、この3年間、年平均10.5%の増加傾向を記録した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular