2024 年 7月 22日 (月)
ホーム政治新型コロナ感染者、大統領選当日午後6時~7時30分に直接投票が可能に

新型コロナ感染者、大統領選当日午後6時~7時30分に直接投票が可能に

昨年4月の補欠選挙で、投票所に別途設けられた「隔離者臨時記票所」での投票の様子©news1

韓国国会は14日開いた本会議で、新型コロナウイルスの感染者と隔離者が大統領選挙日に投票できるようにする公職選挙法改正案を全会一致で可決した。

改正案は、防疫当局が外出許可を出した感染者と隔離者について、来月9日の大統領選当日の午後6時~7時30分に、直接投票できるようにした。

また、居住地と投票所の間の距離が遠く、午後7時30分までに投票所に到着できない場合、別途、投票できるようにした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular