2024 年 7月 13日 (土)
ホーム政治文在寅政権の象徴「国民請願」存廃…来月掲示板の運営が終了か

文在寅政権の象徴「国民請願」存廃…来月掲示板の運営が終了か

ムン大統領が「国民請願」導入4周年を迎え、請願に直接答えている(大統領府提供)©news1

韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権の象徴となった「大統領府国民請願掲示板」が、新たな政権就任の有無にかかわらず、来月をもって運営を終了する可能性が指摘されている。

大統領府国民請願は2017年8月19日、ムン大統領就任100日を迎え、「国民が尋ねれば政府が答える」という原則に従って誕生した。

国民請願は、100人の事前同意の後、掲示板に公開して30日以内に20万人以上の同意を得られれば、大統領府や関係省庁が回答する方式で運営されてきた。

昨年8月19日には国民請願の導入4周年を迎え、ムン大統領が就任後初めて回答者になったりもした。この時、ムン大統領は「国民とのコミュニケーションということから、『国民請願』は韓国政府の象徴」と愛着を表現した。また「たとえ解決してあげられないとしても、国民がどこかに訴える場所がなければならない」と意義付けをした。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular