2024 年 5月 18日 (土)
ホーム政治文在寅大統領夫妻、財産総額22億ウォンと申告

文在寅大統領夫妻、財産総額22億ウォンと申告

ムン・ジェイン(文在寅)大統領(大統領府提供)©news1

韓国政府公職者倫理委員会が官報を通じて公開した「2022年公職者定期財産変動事項公開」内訳によると、ムン・ジェイン(文在寅)大統領は昨年12月31日現在、本人と配偶者の財産総額が21億9098万7000ウォンと申告した。

就任翌年の2018年には18億8018万ウォン、2019年には20億1601万ウォンなど、任期5年間のムン大統領の財産総額に大きな変動はみられなかった。

不動産保有額は昨年の6億119万ウォンから今年は25億7212万ウォンに増えた。債務も1億9215万ウォンから16億8104万ウォンに増額した。大統領は自身の債務として金融機関の債務3億8873万ウォンを、妻のキム・ジョンスク(金正淑)氏は私人間の債務名目で11億ウォンを、それぞれ申告した。

大統領府によると、不動産保有額が大幅に上昇した理由は、財産申告の時点で旧私邸(慶尚南道梁山市)が売却されていない状況で、新私邸(梁山市)の価格も加わったため。債務も私邸購入が理由だった。このほか、大統領は済州(チェジュ)市の林野の保有を続けていることがわかった。

預金は、昨年の6億4215万ウォンから7億7981万ウォンに増加した。

非上場株のハンギョレ新聞380株や、自叙伝「ムン・ジェインの運命」をはじめとする著作財産権9件も維持している。

在任期間中の総収入は19億8200万ウォンで、税金(3億3500万ウォン)を差し引いた総所得は16億4700万ウォン。このうち生活費などに13億4500万ウォンが使われており、財産の純増額は3億200万ウォンとなる。大統領府関係者は「予算で支援される公的費用以外、官邸での食費など生活費はすべて個人費用で負担」と明らかにした。

年平均2億ウォンを超える生活費には最近、一部で「特殊活動費支出」と疑われているキム・ジョンスク氏の服代も含まれているとみられる。大統領府はキム・ジョンスク氏の衣装購入について「(すべてを)私費で負担している」としている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular