2024 年 4月 23日 (火)
ホーム政治韓国文在寅大統領「朝鮮半島の地政学はいつも厳しい状況」

文在寅大統領「朝鮮半島の地政学はいつも厳しい状況」

陸軍3士官学校で開かれた第57期卒業・任官式で敬礼するムン大統領©NEWSIS

韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領は28日、慶尚北道永川(ヨンチョン)の陸軍3士官学校の第57期卒業・任官式で祝辞を述べ、「当面は南北間の戦争抑止が最優先の安全保障の課題だが、より広く、長い目で見れば、朝鮮半島の地政学的状況そのものが常に厳しい安保環境だ。われわれはどんな状況でも、自らを守る力を備えなければならない」と述べた。

ムン大統領は「われわれが享受する平和と繁栄は、堅固な安保の土台の上で成し遂げたものだ。北朝鮮の核危機を対話局面に変え、半島の平和プロセスを推進することができた原動力も、強い国防力だった」と述べた。

ロシアのウクライナ侵攻の根本には地政学的危機が背景にあるとして、平和・繁栄のためには強い国防力の後押しが欠かせないという点を力説したのだ。地政学危機から出発して国際秩序の厳しい現実に直面したウクライナの事例を教訓にし、自主国防の必要性を強調したものとみられる。

ムン大統領は「国際秩序が揺らいで大国間の葛藤が表面化し、世界的に安保環境が急変している。経済が安保になっており、国境を越える新種のテロなど非伝統的な安保脅威が大きくなっている」との認識も示した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular