2024 年 2月 28日 (水)
ホーム政治文在寅大統領、大統領府で過ごした最後の夜

文在寅大統領、大統領府で過ごした最後の夜

8日午後、大統領府に明かりがともったまま夜が更けている©news1

8日午後、大統領府に明かりがともったまま夜が更けている©news1

ムン・ジェイン(文在寅)大統領の退任日となった。大統領は任期最終日まで国政を担いつつ退任準備を進めるなど、ぎりぎりの日程を送っている。

大統領府によると、ムン大統領は8日、大統領府での最後の夜を過ごし、静かに内部整理に没頭した。ユン・ソンニョル(尹錫悦)次期大統領が執務室を龍山に移すため、大統領が青瓦台に留まる「最後の夜」と記録される。

2017年5月10日、国会で就任式を終えた文在寅氏がソウル・光化門広場から大統領府に向かい、市民に手を振っている©news1

2017年5月10日、国会で就任式を終えた文在寅氏がソウル・光化門広場から大統領府に向かい、市民に手を振っている©news1

2017年5月10日、国会で就任式を終えた文在寅氏がソウル・光化門広場から大統領府に向かい、市民に手を振っている©news1

2017年5月10日、大統領府噴水台前で開かれた歓迎行事で、住民から花束を受け取る文在寅大統領夫妻©news1

大統領府は4日の段階で「大統領府で毎日開かれる会議と大統領主宰の参謀会議は任期最後の9日まで続く」と明らかにしていた。

ムン大統領は9日午後6時、妻のキム・ジョンスク(金正淑)氏と大統領府噴水台まで歩いて、市民や支持者たちに挨拶をし、短く所感を述べたあと、大統領府を離れる。夜はソウルのある場所に泊まるという。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular