2024 年 7月 13日 (土)
ホーム政治文化芸術界の不公正契約・性差別解消…政府が被害救済

文化芸術界の不公正契約・性差別解消…政府が被害救済

1月8日、韓国発達障害アーティスト特別招待展を観覧するユン・ソンニョル(尹錫悦)氏(現大統領)©news1

韓国で今年下半期から、死角地帯に位置していた芸術家の職業的権利が法的に保障される。芸術家に不公正な契約を強要したり性別などの理由で差別したりする行為が禁止される。

企画財政省が30日発刊した「2022年下半期からこのように変わります」によると、9月25日から芸術表現の自由と芸術家の職業的権利を保護し、性平等の芸術環境を造成する「芸術家の地位と権利の保障に関する法律(芸術家権利保障法)」が施行される。

これにより、公務員、芸術支援機関従事者などに芸術支援事業において▽差別および公正性侵害▽不公正な契約条件を強要▽芸術家組合活動妨害――などの行為が禁止される。芸術家らは芸術活動中に性別により差別を受けず、セクハラ・性暴行から保護される権利が付与される。

権利を侵害された芸術家、芸術家組合は、文化体育観光省に関連事件を申告し、被害救済を要請することができる。同省は申告事件を綿密に調査し、捜査依頼、是正命令など救済措置に乗り出す。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular