2024 年 5月 21日 (火)
ホーム政治撮影・出入りなど禁止…漢南洞官邸、制限保護区域に指定

撮影・出入りなど禁止…漢南洞官邸、制限保護区域に指定

©NEWSIS

韓国国防省がユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領の漢南洞(ハンナムドン)=ソウル市龍山区=官邸一帯の13万6603平方メートルを軍事基地および軍事施設保護法上の制限保護区域に指定した。これによって、この一帯で禁止された行為をした場合、処罰を受けることになる。

軍事基地法上の制限保護区域とは、保護区域のうち、軍事作戦の円滑な遂行のために必要な地域や、軍事基地・軍事施設の保護あるいは地域住民の安全が要求される場所を意味する。

この一帯では一般の出入りが禁止される。囲いの中を撮影・描写・録音・測量する行為も許されない。また、保護区域の標識を壊す▽軍用航空機を除く航空機の着陸、軍事施設または軍用航空機を損壊したりする▽軍用航空機に向かって物を投げたり軍用航空機の運航に危険を及ぼす恐れがあったりする▽軍用通信に障害となる障害設備を使用――などの行為が禁止される。

©NEWSIS

官邸や官邸周辺の軍用航空機を損壊、またはその機能を損傷させた者は、3年以上の懲役に処される。軍用航空機に向かって物を投げたり軍用航空機運航に危険を及ぼす恐れがある行為をすれば、5年以下の懲役または5000万ウォン以下の罰金を課される。

官邸一帯を撮影・描写・録音・測量、またはこれに関する文書や図書などを発刊・複製したり官邸の標識を移転または毀損したりすれば、3年以下の懲役または3000万ウォン以下の罰金に処される。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular