2024 年 5月 26日 (日)
ホーム政治・社会・経済忠清北道山地の太陽光はいずれも「山崩れの危険露出」…サッカー場の49倍規模

忠清北道山地の太陽光はいずれも「山崩れの危険露出」…サッカー場の49倍規模

2020年8月、提川市大浪洞のある太陽光発電施設の現場で土砂崩れが発生した様子©news1

韓国山林庁が許可した、韓国忠清北道の「山地太陽光施設(660平方メートル以上)」が土砂崩れの危険にさらされている。

山林庁の「山地太陽光許可地内訳および傾斜図」資料によると、忠清北道における2018年11月から昨年までの太陽エネルギー発電施設目的山地専用許可・山地一時使用許可は計76件ある。

総面積は計61万2889平方メートルで、サッカー場の49倍に相当する。この太陽光発電施設の安全傾斜度は計10度以上。この傾斜度を超えた場所は、長期的に土砂崩れの危険地域に属するという意味だ。

韓国環境研究院(KEI)は2018年8月、陸上太陽光発電事業環境性検討指針をまとめた。それによると、山崩れ防止の観点から提示した安全基準は、平均傾斜度が「10度未満」、最大傾斜度が「15度未満」とし、これから外れる場合は、太陽光発電施設の設置を制限しなければならないと提案した。

しかし、文在寅政権時代の2018年11月、山地管理法を改正し、この傾斜度を「平均15度以下」に緩めた。現実には、この甘い安全基準ですら守られていないケースも多数ある。忠清北道では、平均傾斜度15度を超過した太陽光発電施設許可が32カ所あり、全体の42%を占めている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular