2024 年 5月 26日 (日)
ホーム特集KW レポート“差別化された新製品”の追求 「還暦」の韓国ラーメン (7)

“差別化された新製品”の追求 [KWレポート] 「還暦」の韓国ラーメン (7)

ソウルのある大型マート売り場に陳列されたラーメン(c)news1

製品価格を引き上げるのば難しい――こう考えたラーメン企業が力を入れたのは、「既存商品と差別化された新製品」を作り、需要を掘り起こすことだった。

農心が1982年に発売した韓国初の海鮮うどんラーメン「ノグリ」。

当時、ライバル会社の製品より2倍高い200ウォン台の価格に設定した。それでも発売2カ月で20億ウォンを超える売り上げを記録し、1983年には売り上げ150億ウォンを突破。今では毎年1000億ウォン以上売れるパワーブランドになった。

1984年に発売した「チャパゲティ」も従来の製品より高い200ウォン台の価格で市場に定着した。昨年まで約87億5000万個が売れ、毎年2000億ウォンを売り上げる。

◇海外の販売価格、韓国より高く

海外に販売先を広げたのもラーメン業界の生き残り策だった。

ラーメンの輸出は1969年に始まり、一般工業品や製菓類に比べて時期は早い方だ。

ラーメンはもはや内需向け商品ではない。海外での売り上げが国内を超えて久しい。単一ブランドの中で最も多く売れる辛ラーメンは、2021年の総売り上げ9300億ウォンのうち半分を超える5000億ウォンが海外市場だ。

このような結果は、輸出量の増加とあいまって、海外でのラーメンの販売価格が韓国国内より高いという点も好影響を与えた。一例として現在、国内大型マートで1個820ウォン(約83円)の辛ラーメンは、米国で1~1.5ドル(約134~201円)、中国では5.5元(約107円)で価格が設定されている。

最近、K-フードの人気に支えられ、ラーメンの輸出先は拡大傾向にある。すでに100カ国余りに達する製品も出始めている。

(つづく)

(c)MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular