2024 年 5月 22日 (水)

[尹錫悦当選] AI技術に弾み

ユン・ソンヨル(尹錫悦)氏©news1

「AIユン・ソンヨルは東奔西走、全国津々浦々、国民の皆さんに会いに行きます」

韓国大統領に当選したユン・ソンヨル(尹錫悦)氏が昨年12月、「国民の力」中央選挙対策委員会の発足式で披露した仮想人間「AIユン・ソンヨル」の言葉だ。

政界で初めて、AI人間を公開したユン氏が当選。巨大AIを前面に押し出した「デジタルプラットフォーム政府」の設立を強調しただけに、新政府の発足とともにAI技術にも弾みがつくものとみられる。

11日の公約集によると、ユン氏のAI政策は▽AI技術革新▽AI教育拡大▽介護・災害・行政分野でのAIの活用――の大きく3つだ。4次産業革命の軸としてAIを挙げたもので、AI技術の水準を引き上げ、さまざまな分野でAIを活用した統合プラットフォームを作るというのがその趣旨だ。

具体的には、AIの能力を強化するため大学、研究所、企業に活用可能な世界最大のAIクラウドコンピューティングインフラを造成する。またAI半導体ファウンドリー分野で企業の技術革新と設備投資を誘導するため税制を整備すると明らかにした。

ユン氏は、AI時代を率いる人材に対する教育投資も強調した。まず、小・中等教育課程にAI分野を必須教育科目に指定する。大学の基礎科目にもAIチュータリング課程を導入することを明らかにした。また、誰でもAI専門家になることのできるメタバース専門教育課程も支援する予定だ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular