2024 年 6月 14日 (金)
ホーム政治尹大統領夫妻、ポップコーン手に「ベイビー・ブローカー」鑑賞

尹大統領夫妻、ポップコーン手に「ベイビー・ブローカー」鑑賞

12日午後、映画「ブローカー」観覧前にポップコーンを食べるユン大統領夫妻©news1

韓国のユン・ソンニョル(尹錫悦)大統領と妻キム・ゴニ(金建希)氏が12日午後、仏カンヌ国際映画祭で俳優ソン・ガンホが「主演男優賞」を受賞した作品「ベイビー・ブローカー」を観覧した。

ユン大統領は白いワイシャツとグレーのパンツ、紺色の上着にノータイ姿。キム・ゴニ氏は白と黒のチェック柄の上着に黒いスカートをはいていた。並んで移動し、映画館を訪れた市民の関心を集めた。

映画館ではポップコーンを一緒に食べながら仲むつまじい姿を見せた。大統領報道官室によると、ユン大統領夫妻は一般座席を予約し、市民とともに映画を観覧した。

映画観覧後、ユン大統領は取材陣に「カンヌで賞を受けた映画だからではなく、私たち皆がともに、生命の大切さを感じ、生命を守らなければならない。そんな良いメッセージを伝える映画だと思う」という感想を述べた。

ポップコーンを購入するユン大統領夫妻(大統領室提供)©news1

ユン大統領夫妻は就任後、毎週末外出しており、今回が5回目だ。

就任後初の週末(5月14日)にはソウル市江南のある百貨店でユン大統領の靴を買い、クァンジャン市場と韓屋村を訪問。

2度目(同22日)には、青瓦台開放記念で開かれたKBS「開かれた音楽会」に並んで参加した。3度目(同28日)には、大統領執務室のある龍山庁舎をキム氏が愛犬と訪問し、夫妻でともに過ごした。

4度目(今月5日)は、漢江(ハンガン)沿いで環境保護活動をしようとしたが、北朝鮮のミサイル発射で実現しなかった。

ユン大統領と妻キム・ゴニ氏が12日午後、映画観覧前に談笑している(大統領室提供)©news1

ユン大統領は翌6日、顕忠日の追悼式にキム氏と参加した後、中央報勲病院を一緒に訪問した。

今回の映画鑑賞前日(11日)には城北洞(ソンブクドン)のあるパン屋を訪問した。

記者団から「食事、散歩などで市民との接触を増やすのは特別な理由があるのか」と問われ、ユン大統領は「特別な理由はない。私も市民と一緒に過ごすことで、大統領としてではなく、一市民としての側面も持つ必要があるのではないか」と答えた。

大統領がこの日、着用した映写機の形をしたバッジは、2019年に韓国映画100周年を記念して製造されたものだった。大統領室によると、映画産業を新型コロナウイルス感染以前の状況に戻すという「映画を生かそう」のメッセージが込められているという。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular