2024 年 5月 21日 (火)
ホームライフスタイルアート尹大統領執務室に発達障害の画家が描いた絵画

尹大統領執務室に発達障害の画家が描いた絵画

Facebook「ゴニ愛」より©MONEYTODAY

韓国のユン・ソンニョル(尹錫烈)大統領のソウル・龍山(ヨンサン)執務室内部の写真が先月29日、妻キム・ゴニ(金建希)氏のファンクラブを通じて公開された。

写真では、椅子に並んで座るユン大統領夫妻の背後とテーブルに絵が掲げられているのが確認できる。

壁にかかっている作品は、作家キム・ヒョヌ(ピクセル・キム)氏が描いた「パーシー・ジャクソン数学ドローイング」だ。発達障害を持つキム氏は青色・オレンジ・黄色などで塗られた背景の上に、数学の公式をぎっしりと書いてこの作品を誕生させた。

ユン大統領は21日に、米韓首脳会談のために大統領室を訪れたバイデン米大統領にこの絵を自ら紹介したという。先月25日、「就任式国民代表20人」を招待した席でも、ユン大統領は絵について「障害者が数学を素材に描いた作品」と紹介した。

カン・イェジン「お母さん好き」(54㎝x39㎝, watercolor & colored pencil on paper, 2021、写真=Vichae Art Museum提供)©NEWSIS

執務室のテーブルに置かれた作品は同じく発達障害のある画家、カン・イェジン氏の「お母さん好き」だ。絵には華麗なタイル柄の上に母親の馬と赤ちゃんの馬が口をつけている姿が描かれている。

カン氏の作品はユン氏が大統領候補だった今年1月、韓国発達障害アーティスト特別招待展を観覧して購入した絵だ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular