2024 年 6月 16日 (日)
ホーム政治尹と安、週末に会談はあるのか

尹と安、週末に会談はあるのか

討論会を前にユン・ソンヨル(尹錫悦)氏にメッセージを見せるアン・チョルス(安哲秀)氏©NEWSIS

韓国大統領選の保守系野党「国民の力」候補、ユン・ソンヨル(尹錫悦)氏が24日、韓国の中道野党「国民の党」候補、アン・チョルス(安哲秀)氏に電話したが、アン候補が出なかったことが25日、国民の力関係者の話でわかった。

投票用紙の印刷日(28)前の今週末に、ユン候補とアン候補が一本化を話し合うための会合を打診したのではないかという観測が流れている。

国民の党側ではユン候補の電話の是非や、アン候補がどんな反応を見せたのかなどについて「確認されていない」と述べた。

一本化決裂宣言後、アン候補にユン候補の支持者から一本化を促したり、アン候補を非難したりする「メール爆弾」が殺到しているという。このため、アン候補がユン候補の電話にすぐ出られない状況になったのではないかという推測も可能だ。

ユン候補がアン候補に電話したのは今回が2回目だ。今月20日、アン候補が「一本化決裂」を宣言する記者会見の直前、2人の間の電話があったが、通話内容をめぐって解釈が異なる。

ユン候補側は「アン候補が当時、『一本化決裂』の意思を伝えずに記者会見をして当惑している」と説明する一方、アン候補側は「明確にメッセージを送り、ユン候補が確認までした、と聞いている」と主張している。

アン候補はユン候補に送った携帯メールをメディアに公開、あるメディアとのインタビューで「ユン候補はiPhoneを使っている。僕の携帯に『Delivered』って書いてある」と述べ、真実をめぐる攻防に終止符を打った。選管主管の第2回法廷討論会に先立ち、ユン候補に「Delivered」と書かれた自分の携帯電話を見せる場面が見られた。現在のところ、両者の会談が実現するかどうかは不透明だ。

アン候補は第2回討論会で、革新系野党「正義党」のシム・サンジョン(沈相奵)候補に「一本化の可能性が開かれているか」と問われ、「すでに決裂したと宣言した」と強調した。ただ討論会後、「ユン候補と会う計画はあるのか」と問われて「予備選挙をなさるのならわかりません」と述べ、国民予備選挙の受け入れを前提にした一本化の可能性は残した。

「国民の力」選挙対策本部の主要関係者は「双方が首都圏で遊説日程を取った26日、ユン候補がアン候補に会う計画があるのか」という質問に「何の計画もない」と答えた。アン候補も討論後、週末にユン候補に会う計画について「そんな計画はない」と述べた。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular