2024 年 5月 24日 (金)
ホームエンターテインメント少女時代、MV監督「東京ディズニーシー15周年ロゴ使用」謝罪

少女時代、MV監督「東京ディズニーシー15周年ロゴ使用」謝罪

写真提供=「Forever1」MVキャプチャー

少女時代のミュージックビデオに使われているエンブレムに「デザイン盗用疑惑」が持ち上がり、ビデオを演出したシン・ヒウォン監督がデザインの盗用を認めて謝罪した。

問題視されたのは、少女時代の7枚目のアルバムのタイトル曲「Forever1」のミュージックビデオ。今月5日に公開された直後、日本のネットユーザーらから「ビデオに使われている少女時代15周年記念のエンブレムが東京ディズニーシーの数字のエンブレムと同じ」という指摘が相次いだ。

シン・ヒウォン監督は14日、自身のInstagramに謝罪文を投稿し、「許可なくデザインを借用することに恥ずかしく申し訳ない限りだ」と記したうえで「少女時代のメンバーとSMエンターテインメント、ミュージックビデオを楽しんでくれたファンに心からお詫びする」と謝罪した。

シン・ヒウォン監督はこれに先立ち、EXO の「Lucky One」「LOTTO」、Red Velvetの「Russian Roulette」「Rookie」、SHINeeの「View」、SEVENTEENの「Pretty U」など、多数のミュージックビデオを演出している。

©STARNEWS

写真提供=シン・ヒウォン監督のInstargram
RELATED ARTICLES

Most Popular