2024 年 6月 22日 (土)
ホームライフスタイル小説パチンコ、再契約条件「先印税」だけで2億4000万ウォン

小説パチンコ、再契約条件「先印税」だけで2億4000万ウォン

ドラマ「パチンコ」(アップルTV+提供)©news1

韓国系米国人作家のイ・ミンジン(Min Jin Lee)の小説「パチンコ」の再契約条件として、4年契約に先印税2億4500万ウォンを含む印税8%を支給することを提示していたことがわかった。イ・ミンジンは3カ月ごとに販売量を知らせてほしいとも要求した。

これは、この作家が「パチンコ」の再契約に先立ち、韓国の出版社に該当条件を提示して、このほど明らかになった。韓国の出版界は契約期間5年で販売量を1年ごとに作家に報告するのが一般的だ。

小説「パチンゴ」は、動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」が先月から同名のドラマ8部作を順次公開し、韓国の書店でもベストセラー1位になった。

出版界の関係者らは「イ・ミンジンの要求事項が反映され、再契約が成立する場合、本価格の引き上げは避けられない」とみている。文学思想が出版したこれまでの「パチンコ」は1・2巻を合わせて2万9000ウォンだ。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular