2024 年 2月 24日 (土)
ホームライフスタイル小説「パチンコ」版権契約満了…「書店から本を引き上げ」

小説「パチンコ」版権契約満了…「書店から本を引き上げ」

小説「パチンコ」(文学思想提供)©MONEYTODAY

韓国系米国人作家のイ・ミンジン(Min Jin Lee)の「パチンコ」版権延長契約を議論していた文学思想出版社は21日、NEWSISの取材に「状況が大きく傾いた。版権契約は21日で満了する」と明らかにし、国内での版権契約延長が困難になったことが判明した。

同社のイム・ジヒョン代表は「これまで作品に関心を持っていただき感謝している」と話した。

版権契約が満了したことで「パチンコ」はオフライン書店街から消える。版権契約の議論で13日に主要インターネット書店で販売が終了したのに続き、オフライン書店でも「パチンコ」の回収に入る。同社は「版権契約が終われば作家の意志を尊重し、できるだけ回収しようと思う」と明らかにしている。

動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」のドラマ興行とともに「パチンコ」の価値が上がった。出版関係者は「5年前、文学思想が契約した時とは比べ物にならない金額が、最小限の先印税として策定された」と話している。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular