2024 年 2月 23日 (金)
ホームエンターテインメント小説「パチンコ」、版権の関係で販売中止

小説「パチンコ」、版権の関係で販売中止

オンライン書店販売中断のお知らせ©news1

韓国の教保文庫、アラジンなど主要オンライン書店は13日午前10時、小説「パチンコ」(イ・ミンジン/文学思想)のオンライン販売を終了すると案内した。

韓国語の版権契約が今月21日に満了を迎えるのに合わせ、一時中断となった。版権の満了後、注文分を発送できなくなるため、満了日を基点に本の生産・流通を考え合わせて中断の日取りを決定した。

ただ「パチンコ」の販売が完全に終了するわけではなく、出版社の文学思想は現在、再契約に向けた作家イ・ミンジン氏の返信を待っている状態だ。交渉次第で、販売が完全に中断したり、他の出版社を通じて再出版されたりする可能性も開かれている。

文学思想は2017年にイ・ミンジン氏と5年契約を結び、2018年3月に「パチンコ」1・2冊を出版した。先週、教保文庫ベストセラー5位に上がるなど、販売量が増え、動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」でドラマ化されている。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular