2024 年 2月 24日 (土)
ホームエンターテインメント女性BJに求愛した男性アイドル、拒絶された末の衝撃的要求

女性BJに求愛した男性アイドル、拒絶された末の衝撃的要求

BJハル(YouTubeキャプチャー)©news1

韓国の映像配信サービス「AfreecaTV(Any FREE broadcasting)」で活動中のBJ(インターネット放送司会者)ハルが、有名男性アイドルの告白を断り、その後、経験したことを暴露した。

ハルは最近、自身のYouTubeチャンネルで「払い戻ししました。これ以上、こういうことをしないでほしいです」というタイトルの映像を掲載した。

「最近、私の番組にひとりのアイドルが訪ねてきて、ひっくり返りました。2月初旬、初めて連絡が来て、その時は事務的な話をした」。こう切り出した。

映像によると、ハルがアイドルAの連絡に負担を感じ、返事をしなかったため、Aは別のBJを通じてハルに連絡した。これに対し、ハルは「『どうして、そんなに私と話したがっているのか』と思い、連絡することにした」。そして番号を教えたという。

Aは「一緒に事業をしたい」「ネットフリックスにハルの映像をアップしたい」「一緒に『ハートシグナル』に出演したい」「望むものは何か。AfreecaTVを買収すればいいのか」などと伝えてきた。

時間が経つほど、負担が大きくなったハルは、ある日、Aに「1人でささやかに放送するのがいい」と提案を断った。ハルは「Aは『ファンになった気持ちだ』と言いながら、一度会ってほしいと求めた。私は拒否した。これは誰が見ても、告白だと考えざるを得ない」。こう言いながらAから受けたメッセージを公開した。

BJハルが有名男性アイドルメンバーA氏から受け取ったと主張して公開したメッセージ(YouTubeキャプチャー)©news1

実際、Aは「大人になって、ひとつ欲しいモノができた。それがBJハル様」「私に1%のチャンスをほしい。残りの99%は自分が努力して埋める」と求めた。「この世で誰よりも大切に思うし、愛してあげる自信がある。チャンスがほしい。顔、声、酒癖、さらに笑い声、前歯までも私の好みだ。本音を伝えたい」

これに対して、ハルは「有名な方なので、すぐに言葉を伝えるのが難しかった」「そのように考えてくださり、感謝しています。私もAさんを熱心に応援する」と伝え、丁寧に断った。

その後もAはハルに連絡を取り続けた。放送の際にも「星風船」(視聴者がインターネットタレントらにプレゼントするシステム)を送り始めた。

このころからハルは不快感を抱き始めた。「関心がないので、星風船を送らないで」「いただいたものは手数料を差し引いて払い戻しするので、ご希望なら口座番号を残してほしい。2度とこんなことをしないでほしい」と突き放した。

するとAは「顔、体、ダンス、声まですべて私の好みではない。人が一目ぼれしたというのに、そのように冷酷な態度で無視した。あなたが今どれだけ売れているのかわからないが、いつまでそのままでいられるのか、見守る」と態度を一変させた。Aはまた「プライドが傷ついた。私が送った星風船、すべて払い戻してほしい」と要求した。

ハルは「私も、とても気分が悪かった。私をあまりにも軽く見て、なんとかしようと思ったのだろう」。Aに約170万ウォンを返したと明らかにした。

ハルは最後に「この映像を掲載したのは、芸能人であるその方を狙ったものというより、うわさを防ぎ、放送を円滑にするため」と強調した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular