2024 年 2月 21日 (水)
ホーム政治・社会・経済大手スーパー・コンビニ、物価優等生「卵」の価格安定に乗り出す

大手スーパー・コンビニ、物価優等生「卵」の価格安定に乗り出す

©NEWSIS

韓国で卵の価格が8カ月ぶりに7000ウォン台に再び上昇、大手スーパーやコンビニエンスストアが価格安定に積極的に乗り出している。

業界関係者によると、60~68グラムの卵30個の平均消費者販売価格は7013ウォンで、7000ウォンを再び突破した。1カ月前の6363ウォンより10.2%上昇した。卵1パックの価格は4月17日に7019ウォンと7000ウォン台に上昇して以来、8日連続で7000ウォン台だ。今回の価格高騰は、国際穀物価格が高騰して鶏の飼料価格が大幅に値上がりしたためだ。

ただ、大手スーパーやコンビニエンスストアは、消費者物価への負担を最小限に抑えるため卵の価格安定に乗り出している。通常、卵の生産コストで飼料価格が最も大きな割合を占めるため、流通チャンネルが卵の価格を大幅に引き下げるのは難しい状況だ。そのため、流通チャンネルはマージンを最小限に抑えながら、値上げを最大限抑制しようとしている。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular