2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済大企業10%vs中小企業5%…引き上げ率格差を広げた「ボーナス」

大企業10%vs中小企業5%…引き上げ率格差を広げた「ボーナス」

©news1

韓国の今年上半期の賃上げ率が、大企業と中小企業で2倍近く差があることがわかった。大企業が成果給をはじめとする特別給与を多く支払った半面、中小企業の支給は相対的に少なく、社会的格差が広がった。

韓国経営者総協会が25日発表した「2022年上半期規模および業種別賃金引き上げ現況分析」によれば、今年上半期の常用勤労者の月平均賃金総額は前年同期より6.1%上がった384.8万ウォンを記録した。これは昨年の引き上げ率(4.2%)より1.9ポイント高い数値だ。

定額給与引き上げ率は4.1%で昨年(3.1%)より1ポイント上昇にとどまっているのに対し、成果給や賞与金を含む「特別給与」引き上げ率は19.1%と急激に上がった。

特別給与引き上げ率の差が広がり、業種と規模別に大きな格差を見せた。

今年上半期基準で300人以上の事業体の月平均賃金総額引き上げ率は昨年上半期比9.8%で大きく上がった半面、300人未満は4.8%でその半分水準に止まった。定額給与の規模別引き上げ率(最低3.5%~最大4.9%)は大差なかったものの、特別給与引き上げ率の規模別格差(最小4.9%~最大26.2%)が大きく表れたためだ。

同協会経済調査本部長のハ・サンウ氏は「一部業種と企業を中心とした高額の成果給が、そうでない企業の勤労者に“剥奪感”を与え、社会的格差をいっそう深化させる。合理的水準で調整・管理する必要がある」と強調した。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular