2024 年 2月 28日 (水)
ホーム政治・社会・経済外食1回1万ウォン時代、食事補助額は7000ウォン

外食1回1万ウォン時代、食事補助額は7000ウォン

©MONEYTODAY

原材料価格の上昇などで外食の値段が大幅に上昇し、韓国の地方自治体が低所得層の児童に支給する食事クーポン券の金額と実際の食費の差が大きくなっている。

行政安全省の発表(12日)によると、欠食の恐れがある18歳未満の児童に地方自治体が支援する外食補助金は、市道別に1食当たり6000ウォンから9000ウォンだ。統計庁と韓国消費者院によると、先月の全国平均の外食費は1食9159ウォンで、補助金額より高い。

広域自治体別に見ると、釜山(プサン)を除くすべての自治体の補助金額は外食費の平均より低かった。ソウルの平均外食費は1万56ウォンだが、欠食児童への補助は一食当り7000ウォンから9000ウォン程度。消費者院の調査によると、ソウル地域の冷麺とビビンバ1杯の価格は先月、それぞれ1万192ウォンと9538ウォンだった。欠食児童へのクーポンでは注文できない。

外食費の単価が全国最低の忠清北道(チュンチョンプクト)の場合、外食費は1食当たり8547ウォンだが、児童支援単価は唐津(タンジン)郡など一部の市や郡で6000ウォンだった。

保健福祉省は今年欠食の恐れがある児童への外食補助金として一食当たり少なくとも7000ウォンを支援するよう勧告している。だが、江原道(カンウォンド)、慶尚南道(キョンサンナムド)、忠清北道(チュンチョンプクト)の一部の市や郡は財政事情などで勧告を順守できていない状況だ。

忠清北道の関係者は「欠食が憂慮される児童のための食事支援事業は2005年から中央政府ではなく地方政府が担当する事業になり、児童への食事支援金額引き上げのために努力はしている。だが、地方自治体の財政状況により金額に差がある」と話している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular