2024 年 2月 26日 (月)
ホームエンターテインメント国立国楽院、K-POPアーティストと生活国楽アルバム制作

国立国楽院、K-POPアーティストと生活国楽アルバム制作

国立国楽院のホームページより©KOREA WAVE

韓国国立国楽院が、R&Bやインディーズ、ヒップホップのジャンルで注目されているシンガーソングライターのチョン・ジヌやチェ・ゴウン、プロデューサーのフランクとコラボし、シングルアルバム「生活国楽シリーズ21集」を13日午後6時に発売する。

アルバムは、「Kポップスター」シーズン5に出演したチョン・ジヌが作詞・作曲を、ソ・ドンファンとイ・ウォンヒョンが編曲を担当した。タイトル曲「アリア(オリエンタルバージョン)」は、亡くなった祖父と、祖父を懐かしむ祖母を歌った曲だ。

27日午後6時に発売されるアルバムは、チェ・ゴウンが作曲家として携わり、国楽とインディーズ間の音楽的な固定観念を覆す挑戦を試みた。収録曲「変身」は、成長過程で体験する不安感と劇的な緊張感を韓国的な色彩で描写した。

ヒップホッププロデューサーのフランクが関わった最後のアルバムは6月10日午後6時の発売だ。収録曲「道」は伽倻琴(カヤグム)、大琴(テグム)、バラ(哱囉)などの国楽器で演奏するKポップ曲。「踊り」はヘグム(奚琴)、大琴で昔の芸人たちの踊りを現代風にアレンジした曲だ。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular