2024 年 7月 20日 (土)
ホーム新着医師の平均年収2.3億ウォン…胸部外科4.8億「最高」、小児青少年科1億「最低」

医師の平均年収2.3億ウォン…胸部外科4.8億「最高」、小児青少年科1億「最低」

©news1

韓国保健福祉省はこのほど、2020年の医師の平均年収は2億3069万ウォンで、保健医療の職種で最も高かったと明らかにした。

同省が保健医療従事者201万9693人を対象に実施した調査によると、医師の次に年収が高い職業は歯科医師で1億9489万ウォンだった。

漢方医の年収は1億859万ウォン。薬剤師(8416万ウォン)、漢方薬剤師(4922万ウォン)、看護師(4744万ウォン)などがこれに続いた。看護助士は年平均2083万ウォンだ。

この10年間で賃金が最も上昇した職種は医師で、年平均5.2%増えた。増加率の低かったのは漢方医で、年平均2.2%の上昇だった。

医師の場合、開院医が年平均2億9428万ウォンを稼ぎ出し、勤務医(1億8539万ウォン)より58.7%多かった。歯科医師と漢方医も、勤務医の賃金はそれぞれ開院医の57.4%、74.3%だった。

医師の中で年平均収入が最も高い胸部外科は4億8799万ウォン、最も少ない小児青少年科は年平均1億875万ウォンだった。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular