2024 年 2月 24日 (土)
ホーム政治北朝鮮北朝鮮外務省「米本土が射程圏のミサイル試射はわれわれが唯一」

北朝鮮外務省「米本土が射程圏のミサイル試射はわれわれが唯一」

©news1

北朝鮮外務省は最近、中距離弾道ミサイル「火星12型」を発射したことに言及して「米本土を射程圏内に入れてミサイル試験を進める国は、わが国しかない」と主張した。

外務省は8日、ホームページに掲載した「偉大な度胸と肝っ玉がもたらした勝利の一手詰め」というタイトルの文で、今年試射した「火星12型」などに言及して「新年早々、わが国の戦争抑制力を強化するための歴史的な成業で注目に値する結果を出した」とした。

外務省は一連のミサイル発射が「わが人民の尊厳を少しでも触る者には少しの容赦も慈悲もないという敬愛するキム・ジョンウン(金正恩)同志の確固不動の意志を世界に再び誇示したもの」と意味づけた。

これは、北朝鮮がミサイル発射実験は、単に国防力強化政策によるもので、周辺国を脅かそうとするものではないという最近の主張とは多少異なる言及だ。

外務省は特に「多くの国が米国の機嫌をうかがいながら屈従と盲従により歳月を無駄にしている」「このような今日の世界において、米国に当然のことをし、堂々と対立していく国はわれわれだけだ」と主張した。

また「このすべての勝利は、主体の核の宝剣で真の正義と平和守護の偉大な歴史を新たに書き直すキム・ジョンウン同志の無比な度胸と肝っ玉がもたらす不滅の業績」と言及した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular