2024 年 2月 23日 (金)
ホーム政治北朝鮮北朝鮮の火星17型発射、平壌上空20キロで空中爆発

北朝鮮の火星17型発射、平壌上空20キロで空中爆発

過去のミサイル発射©AP/NEWSIS

北朝鮮が16日、平壌(ピョンヤン)から新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17型」を試射したが、高度20キロで空中爆発したことがわかった。

韓国合同参謀本部はこの日、「北朝鮮が16日午前9時30分ごろ、順安(スナン)一帯から未詳発射体を発射したが、発射直後に失敗したと推定される」と明らかにした。発射体は「火星17型」だという。

発射されたミサイルは高度20キロ以下で空中爆発し、残骸が平壌上空に散らばった後、墜落したと予想される。

北朝鮮は、先月27日と今月5日に続き、今回も火星17型を発射した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular