2024 年 7月 14日 (日)
ホーム政治北朝鮮北朝鮮、ICBM誇示の軍事パレードはなし?

北朝鮮、ICBM誇示の軍事パレードはなし?

北朝鮮の過去の軍事パレード©AP=NEWSIS

北朝鮮が15日、110回目のキム・イルソン(金日成)主席の誕生日(太陽節)を控え、記念行事を準備するなか、ミサイルなどを動員して練習する動きはいまだに感知されていない。

韓国軍関係者は11日、記者団に対し、北朝鮮の軍事パレードの準備動向について「今も兵力中心で進められている。(金日成)広場に人員が出て準備している。数万人以上のようだ」と明らかにした。同関係者は「群衆大会と表現すればいいと思う。その程度の準備動向を注視している」とも話した。

したがって、北朝鮮が15日にミサイルなどを登場させず、兵力中心の軍事パレードを実施する可能性がうかがえる。ただ突然、ミサイルを披露する可能性も排除できないと軍は説明している。

北朝鮮の西海(ソヘ)衛星発射場や豊渓里(プンゲリ)核実験場でも、衛星発射や7回目の核実験など、挑発が差し迫った状況は捉えられていないこともわかっている。軍関係者は「現在までは東倉里と豊渓里は復旧状況や一般的な動きはあるが、それ以上説明できる注目すべき変化はないと見ることができる」と明らかにした。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular