2024 年 5月 18日 (土)
ホーム特集SDGs~韓国の取り組み化石燃料の代わりに水素・アンモニア…韓電「無炭素発電」に注目

化石燃料の代わりに水素・アンモニア…韓電「無炭素発電」に注目

SDGs~韓国の取り組み

電力研究院内にあるガスタービン無炭素燃焼試験設備©news1

韓国電力が炭素中立に向けて実用化に乗り出している「無炭素発電」が注目されている。その核心は二酸化炭素と窒素酸化物の排出量が多い化石燃料の代わりに、水素やアンモニアを燃料に使用して電気を生産する方式だ。

韓国電力と電力研究院によると、「水素・アンモニア発電実証推進団」が水素とアンモニアによる実証と商用化計画をまとめた。この組織は2021年11月、化石燃料による既存の火力発電システム発電源の効果的な温室効果ガス削減を進めるために設置された。

転換(発電)部門では、水素は清浄性に基づき発電用ガスタービン(内燃機関)燃料として活用する技術が研究されている。水素の高い貯蔵コストや長距離輸送のデメリットを克服するための手段として注目されるアンモニアを、既存の石炭火力に直接適用する技術だ。

電力研究院は、無炭素発電技術の商用化に向け、アンモニア混焼技術(石炭火力、ガスタービン)、水素混焼技術(ガスタービン)の実証後、商用化する研究を進めている。混焼技術とは天然ガスと水素などの2種類の燃料を混合して発電する技術を言う。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular