2024 年 5月 26日 (日)
ホーム国際動員令以後、韓国領海でロシアヨット5隻発見…大部分は入国不許可

動員令以後、韓国領海でロシアヨット5隻発見…大部分は入国不許可

プーチン露大統領(AFP)©news1

ロシア政府が「予備軍動員令」を発表した先月21日以降、ロシア人が搭乗したヨット5隻が韓国海洋警察庁の警備艇に発見された。

海洋警察庁の資料によると、今月1日、ロシア人10人が搭乗したAヨットから始まって、5日までに計5隻のヨットが韓国海域で発見された。5隻のうち4隻が韓国内に入港したことが確認され、4隻のヨットには計23人のロシア人が搭乗していた。

彼らはいずれも、出入国管理所に入国許可申請をしたが、韓国入国記録があった2人を除いた21人は入国目的が不明で、関連書類が不備のため入国禁止の措置が取られた。

このうち、日本海で発見された6トンのヨットは、韓国旅行を目的に9月27日午後5時、ロシアのウラジオストクを出発し、1日午前9時30分、束草港に入港しようとした。しかし、乗組員5人全員に対して入国禁止が出されると、物品を調達後、5日午前11時40分ごろ、ウラジオストクに向けて出航した。しかし、悪天候のため同日午後1時52分、鬱陵島に立ち寄った後、11日午後1時10分に再び出航した。

今月2日に発見された別のヨットは、浦項の東浜港に入港し、最終目的地はタイであることが確認された。乗船員4人のうち2人だけが上陸が許可された。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular