2024 年 6月 23日 (日)
ホーム社会労使葛藤の解決策は?…本社占拠デモ「一部解除」

労使葛藤の解決策は?…本社占拠デモ「一部解除」

©news1

韓国の全国民主労働組合総連盟(民主労総)、全国宅配労働組合(宅配労組)がCJ大韓通運本社占拠座り込みを一部解除した。強硬な闘争一辺倒から一歩後退し、CJ大韓通運側を対話のテーブルにつかせるための試みと見られる。

ただ、非労組労働者がストに対する批判を強めているうえ、CJ大韓通運は「労組の対話相手は代理店」という原則に固守しており、対話が実現するかどうかは不透明だ。ゼネストは56日間続いている。

宅配労組のチン・ギョンホ委員長は21日午後、ソウル・清渓(チョンゲ)広場で開かれた「全国宅配労働者大会」で「座り込み解除がCJ大韓通運の誤った判断をする根拠として作用すれば、より大きな闘争を展開する」と声を高めた。チン委員長は予告通り、CJ大韓通運が対話に応じるまで、水と塩まで断つ「餓死断食」に突入する。

この日の集会にはCJ大韓通運のほかにも、郵便局宅配、韓進宅配、ローゼン宅配、ロッテ宅配などから組合員2000人余りが参加した。現行の防疫指針上、集会参加者は299人に制限される。しかし、「進歩党」大統領候補のキム・ジェヨン氏の選挙運動と連携して集会を開き、制限が解除された。現場には警察500人余りが投入され、万一の事態に備えた。

「正義党」「進歩党」「緑の党」「労働党」の進歩4党の関係者らもこの日の行事に参加し、「CJ大韓通運宅配労働者スト闘争勝利のための共同決議文」を朗読した。関係者は「宅配労働者たちのスト勝利のために、あらゆる支援と連帯を惜しまない」と強調した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular