2024 年 5月 24日 (金)
ホーム政治・社会・経済刑務所を出るや否や…麻薬再犯者81%、3年内に再び手を染める

刑務所を出るや否や…麻薬再犯者81%、3年内に再び手を染める

©MONEYTODAY

「麻薬捜査を20年近くしているが、私に3、4回も捕まった人がたくさんいる」。韓国で約20年間、麻薬捜査をしながら1500人以上検挙した国内1号「麻薬犯罪専門捜査官」キム・ソクファン氏=城南中原(ソンナムチュンウォン)警察署刑事課長=の言葉だ。

麻薬を再び投薬することを意味する「出所ポン(出所した日にヒロポンを再投薬)」という単語があるほど、再犯は珍しくない。キム氏は「麻薬類を常習投薬して服役した人たちが出所すると、迎えに行った共犯たちが、お疲れ、と麻薬を再び渡すことがあるほど」と話している。

麻薬犯罪を繰り返し検挙される人は年間2000人を超える。国家統計ポータルによると、2019年に麻薬事犯で検挙された人のうち、同種の前科のある人が2695人。前年(2256人)より19.4%増えた。

2020年に麻薬再犯者のうち3年以内に再び検挙された人は全体の81.5%(2178人)に達する。同年、全体犯罪再犯者のうち、3年以内に検挙された割合66.2%をはるかに上回る。中毒を治療できなければ悪循環が繰り返されるという話が出てくる理由だ。

麻薬関連の容疑で拘束されたある容疑者©news1

新型コロナウイルス期間中には麻薬をオンライン・非対面で購入した若い投薬者も増えたこと。野党「共に民主党」のカン・ソンウ議員に警察庁が提出した統計によると、麻薬事犯全体のうち30代以下の割合が2018年40.7%(3300人)、2019年48.8%(5085人)、2020年51.2%(6255人)、2021年58.8%(6253人)と毎年高くなった。

対面取引中心だった過去には麻薬を手に入れるのが難しかったが、最近はテレグラムなどを利用して非対面で麻薬を手に入れることができるルートが開かれ、インターネットに慣れている若者層が麻薬を手にする場合が増えたという。過去に麻薬が有名人や特定職業グループの“専有物”とみなされていたものが、今は大衆化された形だ。

◇拘束された瞬間から禁断症状

麻薬事犯の再犯率が特に高いのは禁断症状のためだ。麻薬事犯は拘束された瞬間から禁断症状に苦しむ。

麻薬中毒の悪循環を断ち切るためには処罰と同じくらい治療・リハビリテーションを用意しなければならないが、管理人材は非常に不足しているという実情がある。

麻薬中毒者を治療する機関も不足している。与党「国民の力」ソ・ジョンスク議員が保健福祉省から提供を受けた資料によると、今年4月現在、国内治療保護機関の計21カ所のうち、実質的に運用されているところがほとんどない。

麻薬退治運動本部のパク・ヨンドク室長は「国が治療とリハビリに配慮すべきだ」と指摘している。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular