2024 年 5月 19日 (日)
ホームライフスタイル冷蔵庫に星条旗をつけたら起きたこと…サムスンのアイディア

冷蔵庫に星条旗をつけたら起きたこと…サムスンのアイディア

ビスポーク冷蔵庫の星条旗エディション(写真=サムスン電子提供)©MONEY TODAY

サムスン電子が世界最大の家電市場の一つである米国で、ビスポーク(bespoke=顧客の志向を反映した製品)家電を本格的に拡大する。

サムスン電子は今年第1四半期に米国市場に1ドア、上が冷蔵・下が冷凍の4ドアタイプのビスポーク冷蔵庫を公開し、現地で好評を博した。続いて、2022年第1四半期にはフレンチドア(観音開き)4ドア▽3ドア▽タッチスクリーンがあるファミリーハブ冷蔵庫――の3つのモデルを追加で発売すると30日明らかにした。

今年は「あなたのための、あなたによる冷蔵庫をデザイン」(Designed for you、by you)というコンセプトでビスポーク冷蔵庫を米国市場に公開した。2年目の来年は、現地で最も人気のある大容量モデルを拡大し、ビスポーク冷蔵庫の大衆化を図る計画だ。

米市場では今年、サムスン電子がビスポークコンセプトを生かして、星条旗の模様を付けた限定版「ビスポーク4ドア冷蔵庫」を米独立記念日(7月4日)前後に製作、販売して口コミで広まった。

米市場に新たに導入する4ドアフレンチドアと3ドアタイプのビスポーク冷蔵庫は、お好みで取り替えられるドアパネルと、国内外で好評の冷却技術、利便性を大幅に搭載した製品だ。

©MONEY TODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular