2024 年 7月 14日 (日)
ホームライフスタイルトラベル冬なら必ず登場…ソウルのホテル、イチゴのデザートは何がある?

冬なら必ず登場…ソウルのホテル、イチゴのデザートは何がある?

ロッテホテルソウルのイチゴアフタヌーンティーセット©news1

今年の冬も決まってホテルは、旬の果物であるイチゴをテーマに手作りした多彩なデザートを次々と披露している。

香り高いお茶が一緒に調和したイチゴのアフタヌーンティーセットから、多彩な構成のイチゴのデザートビュッフェ、イチゴ果肉と雪の結晶のアイスが甘い調和を成すかき氷まで、イチゴを使用したすべてのデザートに出会うことができる。視覚的にも華やかで「記念写真」の欲求をかきたてる。

ソウルの主要な高級ホテルのイチゴデザートを見てみよう。

JWマリオットホテルソウルの「レーニング スイートネスかき氷」©news1

「JWマリオットホテルソウル」(JW Marriott Hotel Seoul)8階のフロントロビーにある「ザ・ラウンジ」では「フォーリング イン ラブ ウィズ ストロベリーアフタヌーンティーセット」を公開している。このセットは、甘酸っぱい生のイチゴとアーモンドクリームをシャンティショコラクリームで包んだイチゴのモンブランをはじめ、イチゴのチーズケーキ、フラミンゴアーモンドケーキ、イチゴのマカロン、イチゴのアマレッティなど全9種のデザートからなっている。

ここに簡単な食事の代わりに「セイボリーメニュー」として、作られたばかりのラズベリースコーン2個と、揚げたカダイフ(ナッツを加えて作った細いペストリー)にピスタチオとクリームチーズを添えたカダイフロール、しっとりとしたブリオッシュパンの上に多様なベリー類とバナナをクリームチーズと一緒に載せたベリーフレンチトースト、イチゴチーズボールなどを出す。冬の味覚を味わうことができる「レーニング スイートネスかき氷」も提供される。きめ細かく削った甘い牛乳の氷の結晶の上に旬の生のイチゴ、綿菓子、ヌードペペロ(トッポ)、チョコレートの傘クッキーがのせられて出てくる。

「ノボテルアンバサダーソウル東大門ホテル&レジデンス」の「ルグテ・ストロベリー」©news1

「ノボテルアンバサダーソウル東大門ホテル&レジデンス」(Novotel Ambassador Seoul Dongdaemun Hotels & Residences)は、ホテルの外観をモチーフに製作したアフタヌーンティーセット「ルグテ・ストロベリー」を披露した。ティータワーを筆頭にブラックアンドゴールド(黒と金色)を適切に混ぜた、午後のティータイムを連想できるのが特徴で、「ルグテ」(Le Gouter)というフランス式「アフタヌーンティーセット」の名前で命名し、ノボテルブランドが含まれたアコール系のフランス文化を盛り込んだ。

構成はルグテスイートとディライトに分かれる。 ルグテスイートは、イチゴのマカロン、ストロベリーミルフィーユ、イチゴクリームカスタードなどの新鮮なイチゴで作った甘いデザートとスペシャルドリンクで構成され、ディライトは、ルグテスイートにパンケーキ、ソーセージ、オムレツなどで構成された「ブランチプラッター」を追加した。2つのメニューに含まれているスペシャル飲料は、「ブランブル&トニック」とノンアルコールの「イチゴキャンディーズ スウィズル」が用意された。

「グランドインターコンチネンタルソウルパルナス」(Grand Inter Continental Seould Parnas)の1階ロビーラウンジ&バーでは「ストロベリーロイヤルハイティー」を楽しめる。 イチゴ&ゆずタルト、抹茶ラズベリーケーキ、イチゴバナナプリンなどイチゴを使った多様なデザートはもちろん、明太子アボカド焼き、ビキニサンドイッチ、貝柱とカリフラワーピューレなど11種類の可愛らしい料理が豊富に楽しめる。さらに、新鮮な生のイチゴボウルを追加で提供し、温かいお茶やコーヒーと一緒に香り高いマリアージュが経験できる。

「アンダズソウル江南」の冬季フルーツデザート©news1

「アンダズソウル江南」(Andaz Seoul Gangnam)のレストランJOGKBOでは「JOGKBOイチゴかき氷」セットを販売している。JOGKBOのかき氷はイチゴソルベ、チョコレートローズとリッチソース、餅などとセットになって、2人で楽しむのに十分な量なのが特徴だ。イチゴのかき氷は、細かく削って柔らかさを最大限にした牛乳の氷の上に、生のイチゴとクランブルを乗せ、さわやかな味と食感を加えた。バニラパナコタとマスカルポーネクリーム、練乳を重ねてシュガーパウダーをかけ、まるで雪が積もったようなイチゴのチーズケーキを連想させる。一緒に提供されたマスカルポーネクリームとローズとリッチソースはお好みで添えて食べるのに良い。

「パークハイアットソウル」の「ホワイトストロベリーアフタヌーンティーセット」©news1

「パークハイアットソウル」(Park Hyatt Seoul)の最上階(24階)にある「ザ・ラウンジ」では「ホワイトストロベリーアフタヌーンティーセット」を発売した。特に、真っ白な雪に覆われたような「万年雪イチゴ」を活用し、一般のイチゴの品種より糖度が高く柔らかい食感で特有の甘い味と香りを誇る。デザートの味をより深く楽しむことができるよう、コーヒーまたはスペシャルティーセレクション、ウェルカムカクテル一杯を一緒に提供する。

「ロッテホテルソウル」(LOTTE Hotel Seoul)は「マスト ビー ストロベリー」を公開した。IKA世界料理オリンピック金メダリストのナ・ソンジュ製菓長が作ったウェルカムフード3種、イチゴクランブルシュー、イチゴのムースなど14種のデザートとコーヒー、またはお茶2杯を提供する。さらにポルトガルジャムブランド「Meia-Duzia」の絵の具ジャム、チョコスプレッドとパレットで構成されたセルフドローイングキットが追加で提供される。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular