2024 年 5月 22日 (水)
ホーム経済IT/メタバース作曲家キム・ヒョンソクの「メタバースバンド」、ここが違う (下)

作曲家キム・ヒョンソクの「メタバースバンド」、ここが違う (下)

バーチャルガールズグループ「異世界アイドル」が開いたオンラインショーケース

世界観も暗い。

主なキーワードは▽アンダードッグ(勝利する確率が低いチームや選手)▽社会的ルーザー▽悪ではないジョーカーで「欠乏」――と要約される。メタバース時代の中でMZ世代の「不安な情緒」に触れるための装置と分析される。

それなら「サゴンイホ」が今後、念頭に置かなければならない課題は何だろうか。

「高クオリティー音源」という武器を前面に出して多少特異な世界観をMZ世代が直ちに理解できるよう説得することだ。

実際に「サゴンイホ」のデビュー曲は“韓国代表ヒット曲製造機”と呼ばれたキム・ヒョンソクが制作したもので、歌はやみつきになるという評価が相次いで出ている。

英国有名混成4人組仮想バンド「ゴリラズ」(ゴリラズインスタグラムキャプチャー)

英国の有名混成4人組仮想バンド「ゴリラズ(Gorillaz)」の成功事例に注目する必要がある。

「ゴリラズ」は英国のバンド「ブラー(Blur)」のボーカリスト兼リーダー「デイモン・アルバン(Damon Albarn)」と漫画家ジェイミー・ヒューレット(Jamie Hewlett)が2000年にデビューさせたグループだ。

このバンドもメンバーならではの独特な世界観を持つ。ただ、音源と実際の公演に力を入れ、英音源チャート1位にも上がったことがある。

1990年代、サイバー歌手「アダム(Adam)」の人気が長く続かなかった理由は、「ゴリラズ」とは異なり、音楽を「目的」ではなく「手段」と見た結果だった。

したがってキム・ヒョンソク師団は「サゴンイホ」の存在感を表わすために「音源活動」に、よりいっそう力を入れなければならないようだ。

公開された予想活動ロードマップによると、公演活動よりNFTプロジェクトが中心になっているのが残念だ。NFTの成功要件はしっかりとしたファン層だが、「 サゴンイホ」の存在感は今のところそれほど大きくない。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular