2024 年 5月 26日 (日)
ホーム経済IT/メタバース似たような成績表なのに何が違ったのか…ネイバー「笑って」カカオ「泣いて」

似たような成績表なのに何が違ったのか…ネイバー「笑って」カカオ「泣いて」

©news1

韓国ネット大手ネイバーとカカオが、似たようで異なる第3四半期の成績を見せた。両社とも売り上げ面では目覚ましい成長を収めたが、営業利益の成長傾向は続かなかった。

また、ネイバーは未来投資による短期費用増加であり、今後の収益改善期待が依然として残る。一方、カカオは昨年の採用増により固定費が上昇したのに加え、サービス障害に対する損害賠償まで予定され、第4四半期収益性改善が容易ではないようだ。

ネイバーは2022年第3四半期の連結基準売上額が2兆573億ウォン、営業利益が3302億ウォンだと公示した。売り上げは前年同期比19.1%増え、第3四半期基準で歴代最高値を記録したが、営業利益は5.6%減った。

カカオは第3四半期の売り上げ額が1兆8587億ウォン、営業利益が1503億ウォンだと公示した。カカオも売り上げは7%増え、創業以来最大値だったが、営業利益は11%減少し、顕著な鈍化傾向を見せた。

ネイバーとカカオともにエンデミックで享受した非対面好材料が消え、マクロ経済悪化による不確実性が拡大し、第3四半期に困難を経験した。泣き面に蜂で、両社とも昨年より営業費用が増えた。似ているように見える成績表だが、内容面では差が大きい。

第3四半期、ネイバーの営業費用は昨年第3四半期より25.4%増えた1兆7271億ウォンだった。

ネイバーは、フォーシーマーク、イーブックジャパンなど新規買収法人編入および事業拡張に伴う採用で、前年比の人件費とパートナー費が増加したと説明した。

一方、カカオの今四半期の費用上昇は採用拡大による固定費用上昇の影響が大きかった。2022年第3四半期カカオの営業費用は前四半期比3%、前年同期比9%増加した1兆7084億ウォンだ。このうち人件費が4333億ウォンで前年同期比41%増えた。

カカオの費用負担は第4四半期にさらに大きくなる見通しだ。京畿道(キョンギド)のSK C&C板橋(パンギョ)データセンター火災でサービス障害が発生し、大規模な損失が予想されるためだ。有料サービス損害賠償規模は約400億ウォンレベルで、ここに無料利用者損失補償まで加わるとみられる。

©MONEYTODAY

RELATED ARTICLES

Most Popular