2024 年 5月 23日 (木)
ホームライフスタイルトラベル今日からワクチン未接種者も隔離解除

今日からワクチン未接種者も隔離解除

仁川国際空港第2ターミナルから外国人が入国している©news1

韓国の防疫当局は8日から新型コロナウイルスのワクチン未接種者に対して入国後の隔離義務を免除している。国民経済を考慮した措置で、海外からの渡航者が増加するものと見られる。

8日以前に韓国を訪問した海外からの入国者も、隔離義務解除をさかのぼって適用する。ただ、新型コロナウイルスの入国検査で陽性判定が出れば、7日間の隔離が義務付けられる。

韓国人、長期滞在外国人は自宅・宿舎を管轄する保健所などで無料で検査を受けることができる。短期滞在の外国人は空港検査センターで検査を受けることができ、費用は本人負担。今後、政府は「検疫情報事前入力システム(Q-code)」の利用も積極的に推奨する。

既に今月1日から入国する際、新型コロナウイルス感染の義務検査を2回に縮小する措置を施行。また、国内外の防疫状況が安定化しており、ドイツや英国、デンマークなど、入国者に対し隔離義務を免除している状況を考慮し、国内に入ってくるすべての海外入国者の隔離義務を解除した。

ただし、BA.2.12.1オミクロン変異ウイルス感染者が持続的に発生しているため、入国前に実施するPCR検査や迅速抗原検査、入国後3日以内に実施するPCR検査義務は2回をそのまま維持する。

保健福祉省のソン・ヨンレ中央事故収拾本部社会戦略班長は「新規感染者が減少し続け、防疫状況がかなり安定している。海外の状況も韓国と類似した経路をたどっている」と説明した。

©news1

RELATED ARTICLES

Most Popular