2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治人工衛星の残骸、朝鮮半島上空通過…被害確認されず

人工衛星の残骸、朝鮮半島上空通過…被害確認されず

米地球観測衛星の朝鮮半島での通過予測軌跡と、大田(テジョン)を中心とした半径500km(黄色)と1000km(赤色)範囲(科学技術情報通信省提供)(c)news1

韓国科学技術情報通信省は9日午後、米国の地球観測衛星の残骸が朝鮮半島上空を通過したと推定されると発表した。現時点では特別な被害は確認されていないという。

ただ、正確な落下地点や時刻はまだ把握されておらず、米空軍が近く発表するとみられる。

韓国政府は地球観測衛星に対する警戒警報を発令し、同省はオ・テソク第1次官を本部長とする宇宙危険対策本部を招集し、万一の事態に備えた。

(c)NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular