2024 年 6月 23日 (日)
ホーム政治人口減で兵役先細り…韓国軍「常備軍50万人の目標」を削除

人口減で兵役先細り…韓国軍「常備軍50万人の目標」を削除

テロ鎮圧訓練に取り組む軍将兵ら(c)news1

人口の急減で兵役要員の減少が予想される中、韓国軍が「国防改革に関する法律」に規定されている「常備兵力50万人」という目標数値を削除する。

国防省によると、常備兵力規模・幹部比率・予備戦力規模・女性幹部比率などの既存の目標数値を削除する内容の一部改正案が立法予告された。

同法25条1項「国軍の常備兵力規模は軍構造の改編と連携し、2020年までに50万人のレベルを目標とする」を「用いることができる資源を考慮して安保の脅威に対応できる範囲内で適正水準を維持する」に修正する。

また「各軍別常備兵力の100分の40以上」と明示していた「幹部確保目標数値」を削除する。

現行の16条「女性軍人人材の拡大」について「将校定員の100分の7まで、下士官定員の100分の5までの目標数値」と規定した部分も削除した。

国防省は3月に公開した「国防改革4.0基本計画」で「将来的な兵役資源の減少に備えて適正水準の常備兵力規模を再設計する」とした。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular