2024 年 5月 26日 (日)
ホーム政治人口指標、暗くなり続ける韓国…合計特殊出生率、OECDで唯一「1」に満たず

人口指標、暗くなり続ける韓国…合計特殊出生率、OECDで唯一「1」に満たず

ソウル市内の産婦人科の前をベビーカーに幼児を乗せて通る市民が(c)news1

韓国の人口指標が日増しに悪化している。単に出生児が減るだけでなく、結婚に対する認識、出産年齢など今後の人口展望自体が暗くなっている。

統計庁の「2022年韓国の社会指標」を見ると、このような傾向が明確に現れている。

昨年の合計特殊出生率は0.78人で前年より0.03人減少し、1970年の統計作成以来最低を更新した。妊娠可能期間の女性1人が一生のうち0.78人を産むと予測されるという意味だ。

韓国の合計特殊出生率は、経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国のうち最下位だ。合計特殊出生率が「1」に達しないのは韓国だけだという深刻な状況だ。

平均世帯員数は2.3人だ。23年前の2000年(3.1人)に比べると、0.8人減少した。同期間、1人世帯(15.5→33.4%)、2人世帯(19.1→28.3%)の割合が増えた。一方、3人以上の世帯(65.4→38.2%)の割合は半分近く減った。

人口減少傾向は今後も続く可能性が高い。結婚に対する認識、子供の必要性に対する認識も変化しているためだ。

(c)news1

RELATED ARTICLES

Most Popular