2024 年 5月 26日 (日)
ホーム国際中国軍用機、昨年70回以上の韓国防空識別圏侵犯

中国軍用機、昨年70回以上の韓国防空識別圏侵犯

©NEWSIS

中国軍用機が昨年、韓国の防空識別区域(KADIZ)に70回以上進入したことが、「中露日軍用機のKADIZ進入現況」でわかった。

中国軍用機のKADIZ進入回数は2017年には80回余りから2018年140回余りに急増。2019年には50回余りに減り、2020年と昨年にはそれぞれ70回余りだった。

ロシア軍用機は2019年には約20回、KADIZに進入しているが、昨年は約10回だった。日本の軍用機は、事前に情報を共有した上で、日韓のKADIZ重複空域に年平均約500回進入している。

「中露日軍用機のKADIZ進入現況」は、国防部が3日、野党「共に民主党」のアン・ギュベク議員(国会国防委員会所属)に提出した。

©NEWSIS

RELATED ARTICLES

Most Popular